株式会社ハタプロ

トップ > ニュース > 魔法のIoT酒樽「ALCHEMA(アルケマ)」がクラウドファンディング公開後3日で約1000万円達成! 好みの味のワインや果実酒を自動で醸造してくれるスマート家電、米国で好発進

リリース

2016年08月01日
株式会社ハタプロ

魔法のIoT酒樽「ALCHEMA(アルケマ)」がクラウドファンディング公開後3日で約1000万円達成! 好みの味のワインや果実酒を自動で醸造してくれるスマート家電、米国で好発進

日本企業と台湾政府共同の国際起業家育成プロジェクトで支援したベンチャー企業のプロダクトが具現化

自家製ワインや果実酒を自動で醸造できるIoTデバイス「ALCHEMA(アルケマ)」が、クラウドファンディングサイトKickstarterにて、公開後3日で目標金額を超え約1000万円の資金が集まり、製品化が確定しました。まずは米国での販売開始となりますが、味噌など発酵食品にも応用できる形にした日本市場向けのデバイスの開発も視野に入れています。
株式会社ハタプロは、世界展開を視野に入れている IoTスタートアップ企業の支援を目的として一昨年より台湾政府の経済部 通信産業発展推進員会(略称、CoCID)及び工業技術研究院(略称、ITRI)と共同で起業家支援プロジェクトを実施しており、昨年より採択企業であるIoT酒樽「Alchema(アルケマ)」を支援しています。

※各ニュースの記載内容は発表日現在のものです。
その後予告なしに変更される場合がありますので、あらかじめご了承ください。